綺麗な水が飲みたい|宅配水とウォーターサーバーの魅力

水の入ったコップ

新鮮な水が飲める

ウォーターサーバーの導入で注意したいポイント

ウォーターサーバーは、いつでもきれいな水を安心して飲めることが利点です。常に新鮮な水を配送してくれるため、水があまり美味しくない都市部で人気があります。こうしたウォーターサーバーですが、実際に導入する場合はいくつか注意点があります。まず、一番重要なのが設置スペースの確保です。メーカーの機種によって差はありますが、床置き型のサーバーならおおむね大判の雑誌ほどのスペースがあれば設置できます。また、設置場所の近くに電源があることや、ウォーターサーバーがちゃんと水平を保てることも大切です。高温多湿な場所だと故障の原因になります。設置後の注意点もあります。日光は腐敗の原因になるため、ウォーターサーバーに設置されているボトルに直射日光が当たらないようにすることも大切です。水の衛生状態を保つためにも、普段使わない時でも電源は常に入れておきましょう。

知っておけば安心できるサーバーの基礎知識

ウォーターサーバーを使う場合のメリットは、美味しい水が安全に飲めることです。水はとても重いものですが、配送業者が毎週や2週間ごとなど、決められ間隔で運んでくれるので安心です。ウォーターサーバーの水の料金は1リットルあたり80円から150円ほどで、メーカーによって差があります。料金の違いは水の種類にも関係しますので、飲みたい水を選ぶことが一番です。ウォーターサーバーは冷水と温水がいつでも飲めます。サーバー内に冷水と温水のタンクがあり、温度を常い維持しています。そのため毎月1000円ほど電気代が発生します。ウォーターサーバーの水の賞味期限は、未開封で3か月から半年ほど、開封後は1か月のメーカーが多いです。予備のボトルがある場合は、日光が当たらず温度の変化が少ないところで保管します。屋外は気温の寒暖も激しく、日光も当たるのでよくありません。いつでも美味しい水を飲むためにも、ボトルの保管には気を配りましょう。